92歳の小説家、佐藤愛子さんが語る「今の世の中を一言で言えば・・・」。現代を生きる全ての人の心に納めて欲しい言葉

a32b738194132d8f62b11dc6a2392f16_m

佐藤 愛子(さとう あいこ、1923年11月5日 – )は、大阪市生まれ、西宮市育ちの小説家。
小説家の佐藤紅緑、女優の三笠万里子の次女として生まれる。
異母兄に詩人のサトウハチロー、脚本家で劇作家の大垣肇。

借金返済のため、テレビ出演、全国の講演にと飛び回り、戦後の世相の乱れ等を厳しく批判する言動ゆえ、父同様「憤怒の作家」として知られ、一時「男性評論家」と呼ばれていた時期もある。
小説のほかにも、身の回りの人物や事件をユーモラスに描いたエッセイを多数執筆。「娘と私」シリーズ等が知られている。

父紅緑をルーツに、自身も含めハチローら異母兄弟や、その子孫たちに伝わる「佐藤家の荒ぶる血」を纏めた大河小説『血脈』を十数年かけて完成させ、話題となった。
近年は自身の心霊体験に基づく著作も多い。

佐藤愛子 (作家) – Wikipedia

このツイートへの反応

スポンサーリンク